magic in the air.....

スポンサーサイト

Posted by *リディア on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

500 Days Of Summer 「(500)日のサマー」

Posted by *リディア on   4 comments   0 trackback

500DaysOfSummer


をやっと観てきました。木曜の夜に行ったんですが、なんと貸しきりでした。
コメディーとかだと大勢で笑うのも楽しいですが、この映画はところどころ面白いシーンもありますが、けっしてロマンティック・コメディーではありません。
だから貸しきりでじっくりみれたのはちょうど良かったなあと思う。
「オフビートのロマンティック・コメディー」とか説明で良くみるんですけど、このオフビートって説明が良くわからない。。
弱い even なビートに強調を置く、っていうのがオフビートですよね。
この映画は逆に強いビートに強調を置いてるオンビートのような気がします。
( ここからちょっとネタばれあります。注意。 )
それは始めから終わりまで決して変わらなかったサマーの事。
ティピカルなロマンティック・コメディーと比べるとまあ、strangeとかdifferentという意味でのオフビートなのでしょうけど。
「ロマンティック・コメディー」っていうカテゴリーにはいくらオフビートってつけても合わないような。
この映画はありふれたロマンティック・コメディーのように、私にはこう言う事は実際起こらないだろう。。みたいな非現実的じゃなくて、ほんとの恋愛のように、最初の出会い始めの楽しい時期の熱が冷めた後のビターな現実を描いてます。
ロマンティック・コメディーはだいたい観る前から終わりがよめてしまうのが多いですよね。
この映画は逆に観る始めから結末をばらしてしまうけれども、その結末にどうやってなったのかを、さあ、みてくださいと言う映画です。

「運命の女性」(The One )を見つけるまで本当に幸せにはなれないと思っている主人公のトムと、愛なんて空想の物で信じないと言うサマー。トムはサマーがその運命の女性だと信じてしまう。
さあ、この二人の恋愛はどういう展開になると思いますか?(笑)。
「始めから終わりまで決して変わらなかったサマー。」って私が言ってるのでまあ、結果は分かると思いますが、この500日はトムをどういうふうに変えたかは、日本では1月公開なようですので、お楽しみに。

トム役のJoseph Gordon-Levittはアメリカでは3rd Rock From The Sunと言う番組で、彼が子供の頃から知ってるので、男として見るのが不思議な感じがしましたが(笑)、純粋なロマンティストがリアリスティックな女と恋愛して傷つけられるとこうなるって所をうまく演じてます。

サマー役のZooey Deschanel は、この役は彼女のために作られたって言うくらいに、彼女以外には想像できませんね。自分の欲しいものがはっきり分かっている、周りに操られない個性のある芯の強い女性。
彼女以外にもそう言う女優はいますけど、この映画はサントラにも注目があったし、映画のなかでも音楽のリファレンス(Belle And Sebastianの" The Boy With The Arab Strap "の歌詞、リンゴ・スター、そしてもちろんThe Smiths、その他トムの着ているTシャツなど)があるので、そう言う面でもミュージシャンでミュージックファンでもあるZooeyさんがぴったりだなあと。

あと、Zooeyさんのファッションも見所です。彼女の美しい青い目をブリングアウトするためか、いろいろなブルーが多いです。青とか緑の目の人って着る服の色で目を色を強調するっていう仕業がいろいろあるんですよ。うらやましいです。あと、いつもジーンズとTシャツが多い私なので、Zooeyさんのファッション見てて、女の子なんだからもっと女の子らしいファッションの楽しみ方してみないとなあ~って思いました。




500daysofsummer

500DAYSOFSUMMER

500daysofsummer




http://www.foxsearchlight.com/500daysofsummer/

映画「(500)日のサマー」公式サイト

She & Him Myspace





(500) Days of Summer(500) Days of Summer
(2009/07/14)
Original Soundtrack

商品詳細を見る


スポンサーサイト

Taking Woodstock

Posted by *リディア on   0 comments   0 trackback



あの、別にWoodstock大ファン、そしてAng Lee 監督ファンと言うわけではありません(どっちかと言うと嫌いなほう。。笑)が、
な、な、なんと!私の大好きなコメディアン、Demetri Martin が主演なのですう~!!
英語の分かる、変なセンス・オブ・ユーモアを持っている御方は、Comedy Centralの Important Things With Demetri Martinを是非チェックしてみてください。くすぐられますよ。
シーズン2に続行決まったそうですし!
おお~、Eugene Levy、Liev Schreiber(この役怪しい、やばい!笑)や「Into The Wild」の Emile Hirschなんかでキャストもいいですね。この映画でDemetriくんの人気出るか!

Taking Woodstock Official Site



Demetriくん、どこかで見た事あるなあ~と思っている方。Flight Of The Conchordsのシーズン1の幻のバンド(笑)、Crazy Dogggzの一員だった人です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。